海外留学、海外で働いたりして、今は翻訳の仕事をしたい人のブログです

ENGLOGイングログ

女性にも使いやすいZenFone5でデュアルsimにするまでの流れ

ASUSのZenFone2を使っていたのですが、今回ZenFone 5(ZE620KL)に買い換えました。

私は普段、ZenFone2、ガラケー、タブレットの3つのガジェットを持ち歩いているのですが、これが重い・・・。

そこで、デュアルスタンバイ、6.2インチのフルディスプレイのZenFone5一台にまとめることにしました。

キャンペーンで5,000円オフで購入

ZenFone2からの機種変更なので、10%の割引(約5,000円)となる「買い替えキャンペーン」開催中のASUSのネットショップで購入しました。

ZenFone 5は、4G+4Gでの2回線同時待受に対応している「デュアルSIMデュアルVoLTE」(DSDV)なので、Docomoとauの4Gを使うことができます。

Zenfone 5を注文した翌日には到着しましたよ。早い! 色はシルバーにしました。重さは165gmとけっこう軽いです。

ZenFone2とZenFone 5の大きさは、ほぼ一緒ですね。

6.2インチは大きいので女性には持ちにくいかな・・・と思っていましたが、ZenFone2のサイズとほぼ一緒で持ちやすかったです。

付属品に、クリアなスマホカバーが付いています。柔らかいソフトカバーで使えます!

ガラケー(フィーチャーフォン)のSIMをZenFone 5へ移行

長年愛用していたキーボードが付いてるガラケー「SH-04A」のSIMカードをドコモショップで、ナノSIMに変更してもらいました。

さらばガラケー・・・

モバイルONEの「マイクロSIM」を「ナノSIM」に変更する

ZenFone2はモバイルONEを利用していたので、そのままZenFone5に差し込めば使うことができます。

私のモバイルONEのSIMカードは「マイクロSIM」だったため、ZenFone5では使えません。そこでSIMカードのサイズを変更する手続きをおこないます。

マイクロSIMをナノSIMに変更するには、モバイルONEのカスタマーフロントに電話をして手続きする必要があります。

事前に「N」から始まる「お客様番号」と「変更するSIMの電話番号(090から始まる)」を用意しておいてください。

  1. まずは、カスタマーズフロントに電話(0120-506506)します。
  2. 待ち時間5分で担当者に繋がりました。
  3. 担当者に「お客様番号」と「SIMの電話番号」を伝えるだけです。
  4. 手数料に税込み425円だけかかります。
  5. ナノSIMが3日後に到着します。

SIMカード変更の手続きは、とっても簡単でしたよ。

続いて、docomoショップに行って、simカードを「マイクロsim」に変更してもらいます。

docomoショップでマイクロsimに変更する

docomoショップで、ガラケーのsimカードをスマフォ用の「マイクロsim」に変更する手続きに行きます。

手続きに3,000円ほど掛かります。

ついでに、docomoショップの担当者に、無駄なプランが無いかをチェックしてもらいました。

私の場合は、無駄なプランにいくつか加入したままだったので解約しました。

i-modeもメールも解約して、通話だけにした結果、月々1,190円になりました!!

私のZenFone 5のデュアルsim

通話は、docomoのsimを使って、通信はモバイルONEのsimを使っています。

モバイルONEは、通話にも対応しているので、モバイルONE(050回線)の待ち受けもできます。つまり、2つの電話番号を持っていることになります。

なぜ、モバイルONEだけにしないのか?

モバイルONE(通話・通信)だけにすると、月々の料金はもっと安くなるのですが、モバイルONEの待ち受けが不安定で、相手からの電話を受信できないこともあります。

仕事の電話を受け取れないのはちょっと怖いですよねー

ZenFone 5の保護フィルムを購入する

携帯の保護フィルムって悩みますよねー。

Amazonや楽天、ヨドバシカメラなどのレビューを参考にして「MOONMN」の保護フィルムにしました。

MOONMNに決めた理由は

  • 2枚入で1,590円
  • 旭硝子の素材
  • 厚さ0.3mm
  • 表面硬度9Hのガラスフィルム

同じタイプで「JTLife」(990円)もありますが、厚さが0.26mmでフィルムが1枚だったので、500円高いけど「MOONMN」の保護フィルムにしました。

プロフィール

英語が好きで、翻訳者を目指している主婦です。

会社員時代に英会話スクールに通いながら、コツコツと留学費用を貯め、満を持してアメリカ留学へ。

帰国後も地味~に英語学習を続けて、TOEIC910点、日商ビジネス英語検定2級取得。←今ココ

アメリカでもちょっと働いた経験あり。

海外ドラマにハマってます。

詳しいプロフィール

カテゴリー

オススメ記事