msvcp110.dllが無いエラーの復旧には手順がある

msvcp110.dllが無いエラーの復旧を行ってもソフトが起動しない場合は、紹介する手順で復旧してみて下さい

windowsのアップデートによって、msvcp110.dllが破損(削除)してソフトが起動しない場合があります。

Visual Studio 2012を再インストールすることで解消されるのですが、ちょっとしたコツが必要になります。

復旧方法

まずは「Visual Studio 2012 更新プログラム 4 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」にアクセスして「ダウンロード」ボタンをクリックします。

次にお使いのWindowsが32bit、64bitでも、両方のVSU4ファイルが必要になります。

2つのファイルをダウンロードできたら必ず先に「vcredist_x86.exe」をインストールして、次に「vcredist_x64.exe」をインストールします。

Windows10の64bit版を使っていても32bit版のmsvcp110.dllが必要になり、さらに32bit版をインストール後に64bit版をインストールする必要があります。